病院に直接応募する際のメリット・注意点

看護師が転職先を探す方法として、自身で病院のホームページをチェックし、直接応募する方法があります。
ですが、今まで病院に直接応募したことがない方や転職するのがはじめての方であれば、不安になってしまい一歩踏み出せないこともあるかもしれません。
その場合、病院に直接応募するメリットや応募の際の注意点を理解しておくと、安心感を持ちながら転職活動を行うことができます。

興味のある病院がある場合、事前に電話でコンタクトをとっておくと多くの病院で見学できます。
さらに、病院側と看護師で面接や見学についてよく話し合い、話が上手くまとまれば、見学から採用まで一週間かからずに採用が決まることも珍しくありません。
看護師仲介サイトを利用すると、採用までにある程度時間はかかりますが、病院へ直接応募すると採用が早く決まりやすいというメリットがあります。

また、自身で直接応募しようとする際に知っておいてほしい事実があります。
それは、病院のホームページに採用に関することが掲載されていなくても、募集をかけているケースもあるということです。

ネットで調べた結果、採用情報が書かれていないからと、転職先の候補から外す人は多いかと思います。しかし、実際にはホームページに情報を載せていないだけで人をとっているケースは稀ではありません。

特に看護業界はどこでも人材不足状態が続いている傾向にあるため、むしろ募集している可能性は高いです。
そのため、気になる病院があれば電話で募集しているかをきちんと聞くことが大事です。